2012年9月22日。

 

 

 

 

もうかれこれ1年くらい楽しみにしていた新婚旅行へ

ついに行くことになりました:D




旅行はもちろん韓国で予約しました。

 

この1年私は結婚式の準備を担当し、旦那は新婚旅行を準備。


完全に個人旅行なので、飛行機、ホテル、そしてレンタカーとすべて別々に予約しました。


 

行き先は

 

1.スイス

2.マヨルカ島(スペインのリゾート地)

3.スペイン(バルセロナ)

 

スイスもスペインも私が一番行きたかった場所でした。

 

旦那は2年前にも1人でヨーロッパ旅行をしたことがあり、


そのときにもレンタカーを借りて行動していたので、車で移動するのに抵抗はありませんでした。


 

飛行機は、早めに取ったほうが早いので、既に今年の1月末に予約しました。



 

 航空会社はロシア航空

 正式には、アエロフロット・ロシア航空(Aeroflot)と言います。


 

 


初めて聞く航空会社でしたが、キャッシュで支払うと一番安く旦那も大丈夫だというので、


特に何も調べずにロシア航空に決めました。

 

予約した旅行会社のサイトは

올에어(オールエアー)

 というサイトです。

 

 

ちなみに、現金で1人110万ウォン!!(現レートで77000円くらい)


 

 

安い


 

私はあまり航空会社にはこだわらず、安いほうがいいと思う人です。


もちろん、墜落の心配を考えると評価が高い航空会社がいいけど、


飛行機が落ちるのは運命としかいえない。


だからあまり気にしないことにしています。


 

 でも、このロシア航空に見事にやられました。

それはのちのち説明するとして。。。

 

 

行きも帰りもインチョン空港からロシアのモスクワ経由の飛行機です。


 


昼の12時50分発の飛行機でしたが、

家から空港行きのリムジンバスに乗って10時過ぎには空港に着きました。


 

結婚式のペベクのとき、お義父さんから新婚旅行のとき使いなさいと渡されたクレジットカード。

こんなの使えねーと思いましたが、


お義姉さんに聞いたらお義理姉さんも結構使ってたし、私たちも使うことにしました。


 


でもいっぱい使うのは気が引けるので、

会社の社長へのお土産(タバコ)と、私たち2人のサングラスを買いました。


 

 

サングラスってやっぱり自分に似合うのを探すのが難しい~。

 

ESCADAのサングラス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ESCADA初めて買いました!

旦那はアルマーニのサングラスを。

 

 

そして搭乗;)

 

 

なかなかキレイで座席もゆったりめ。

ロシア人は体格がいいからシートも広いのかな?


そして離陸!!

 

操縦もなかなかうまくて、離陸するときのフワッとした感じがなくかなりスムーズでした。


 

 


ちなみに座席の前にあるモニターで離陸の様子まで確認できるようになっていたのですが、


離陸の様子まで見るのは初めてでした。

 

 

 


韓国(日本も)とロシアのモスクワの時差は5時間

モスクワまでの到着時間は現地時間で17時15分

 

ということは、韓国時間で22時15分


 


約9時間のフライトです。

 

私はこの前日本で買った湊かなえさんの「少女」という小説を読み、


旦那はゲームにハマッていました。

 

 

 

 

 


といっても、前日まで仕事に終われて夜中旅行の準備をしたので、

眠くて眠くて何度も寝ちゃいました。


 

 

モスクワにつくまで、食事が2回ありました。

 

 

こんな感じ。

 

 

 

 

食事は正直おいしくなかった~@_@

 

 

 

フライトアテンダントさんも、美人な人はおらず(笑)愛想も全然ありませんでした。


 


 

 

まぁ、もともとそういう習慣がないんだと思います。言葉は英語で。


あと、飲み物はビールはありません。その代わりウォッカが@_@

あとはワイン、コーラ、スプライト、アップル•オレンジジュースといったところ。


あと、トイレが汚かった~。

 

少し風邪気味だったので、長時間のフライトでのどが乾きましたが、


なんだかんだあっという間にモスクワに着きました。


 

 

 

 

 

 

 これがモスクワの空港です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シャトルバスで移動~

 

 

 

 

思ったよりすごく広くてびっくりしました。

 

ここから、またスイスのジュネーブに行くロシア航空の飛行機に乗り継ぐんですが、


搭乗ゲートまで20分くらい歩いた><

 

よかったことは、カフェで働いてるロシアの男性がかなりイケてた(笑)

顔は残念ながらうつせませんでしたがwww

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

空港の外の景色。寒そうです~

 

日本や韓国のようにシャトル列車が走ってないので大変です。


 

しかも、乗り継ぐ飛行機のチケットには搭乗ゲートが書いておらず、


電光掲示板で見るんですが、電光掲示板もいくつかあり私たちが最初にチェックした場所には表示されませんでした。


それでちょっと焦って案内カウンターで休憩にいきそうな女性に聞くと、


「この飛行機はあっちの電光掲示板に表示されてるはずです」と言われました。


 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

聞かなきゃ分からないって@_@

 

 

全部一気に表示してくれたらいいのになんでできないんだろう~

 

私達の他にも迷ってる人がたくさんいました


 

 

行く途中に免税店がいくつもあり種類も多そうだったのですが、

時間がないのとメインの旅行地ではないので、あまりゆっくりとは見ませんでした。


売店でプリングルスやチョコレートがたくさん売ってます~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロシアの工芸品、マトリョーシカ人形。

 

私たちは旅行が好きなので、

旅行先に行ったらその国の民芸品である人形を買ってキャビネットに飾ることにしているのですが、



今回の経由地ロシアでも購入。


ただこのマトリョーシカ人形、民芸品の割には結構高いので

一番安い小さいものを買いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

トランジットは2時間。

 

次の出発は現地時間で19時10分。(韓国時間で23時10分

 

 機内食が最後に1回出ました。

一応、ウナギ。。。

 

 

 

 

 

ジュネーブへ到着したのはこれまた現地時間で20時50分。(韓国時間4時50分)。


 

つまりトランジットの時間を入れずに計算すると、

トータル14時間飛行機に乗っていたということです。


 

そんなに乗っていた感じはしませんでしたが、やはり到着すると疲れが。


 

ジュネーブの空港はフランスのすぐ近くなので、この日はフランスのホテルを予約しました。


スイスは物価が高いので

 


ホテルからはシャトルバスが出ていということなので、

次の日に借りるヨーロッパレンタカーのカウンターでどこから乗ればいいか聞いたところ、


そこからホテルに電話したらすぐに来てくれるということ。



 

すぐに電話し、ついでに車のレンタルについても確認をしました。


10分ほどでシャトルが来て、無事に乗ることができました。

 

途中、5分くらいでスイスとフランスの国境を越える所があるんですが、


特に何も見せず普通に国境を越えていました。



 


調べてみると、ヨーロッパは「シェンゲン協 定」という加盟国相互の通行自由化と


手続き簡素化を目的とした共通滞在協定があるそうです。


 

いちいち国をまたぐたびに入国 審査、出国審査するのが時間的 にも手続き的にも手間がかかるので

シェンゲン協定国内であれば国内扱いとし、手続きを簡素化しているのです。



国境をまたぐときには基本的に何も提出しなくてもいいのですが、

あってもパスポートの提示くらいだそうです。


 

 

 

確かに、これだけ近いと何度も行ったり来たりすることもよくあるだろうし



いちいち見てると見るほうも大変だよね~

 


 

 

ホテルはノボテル(Novotel )

 

私たちはBooking.comで予約をし、1泊101.8ユーロ(約15万ウォン)で泊まりました。

(2人で101.8ユーロです)

 

 

 

 

 

 

ホテルにしては珍しい2階建て構造ですが、外装もなかなか。

 

 


プールとお庭もあっていい感じ。

 

 

 

 

 

部屋も広くはないけどきれいでよかったのが、トイレと浴室が別だということ。


廊下。

 

左から浴室と冷蔵庫。

トイレ。


こちらが部屋です。

 

 

 

とにかくこの日は長時間のフライトで疲れたので、

スイスの空港で買ったこんな小さいワインを2人で飲み、明日に備えてすぐ寝ました。


 

 

NOVOTELの詳細はこちら!!↓

 

NOVOTEL GENEVE AEROPORT



 

 

住所:Chemin des Trois Noyers 01210 Ferney Voltaire France

Tel,:+33-[0]4 50 40 85 23

Fax,:+33-[0]4 50 40 76 23

HP:http://www.novotel.com/gb/home/index.shtml

 

 

 

 

Facebook にシェア

 

トラックバックURL

ページ上部に